ノルウェーUni ResearchのLucja Bieleninik氏らは、自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された小児を対象に、標準治療に即興音楽療法を加えることにより、社会的コミュニケーションスキルの発達が促されるかどうかを調べるランダム化対照試験を行い、標準治療のみの場合と比較したが、5カ月の時点で差は見られなかった。結果は、JAMA誌2017年8月8日号に掲載された。

自閉症に対する即興音楽療法の有効性示せずの画像

ログインして全文を読む