大学病院の入院患者に対する抗菌薬処方の実態と、抗菌薬に関連する有害事象(ADE)の発生率などを調べた米Johns Hopkins大学のPranita D. Tamma氏らは、抗菌薬を投与された入院患者の20%がADEを経験しており、不適切処方による有害事象も少なくなかったと報告した。結果は、JAMA Intern Med誌電子版に2017年6月12日に掲載された。

24時間以上の抗菌薬投与で20%に有害事象の画像

ログインして全文を読む