疼痛が認知機能に及ぼす影響を調べた米California大学San Francisco校のElizabeth L. Whitlock氏らは、住民ベースのコホート研究を行い、持続性疼痛があると認知機能の低下が加速され、認知症と診断される確率が高まると報告した。詳細は、JAMA Intern Med誌電子版に2017年6月5日に掲載された。

高齢者の持続性疼痛は認知機能の低下を早めるの画像

ログインして全文を読む