腹部手術後の高齢者はせん妄を経験することが多い。せん妄は回復を遅らせ、入院期間延長をもたらし、医療費を上昇させる。国立台湾大学のCheryl Chia-Hui Chen氏らは、看護師がmodified Hospital Elder Life Program(mHELP)を実施すると、標準ケアに比べ、術後せん妄リスクが56%減少すると報告した。詳細は、JAMA Surgery誌電子版に2017年5月24日に掲載された。

腹部手術後のケアでせん妄リスクを減らすの画像

ログインして全文を読む