2016年11月までに、米国の28の州で医療用大麻を合法化する法案が議会を通過し、成立している。米Columbia大学医療センターのDeborah S. Hasin氏らは、合法化と、大麻の違法使用と大麻使用による障害の有病率の変化の関係を検討し、合法化が違法使用と有病率上昇に寄与する結果を得て、JAMA Psychiatry誌電子版に2017年4月26日に報告した。

医療用大麻合法化は違法使用と障害を増やすの画像

ログインして全文を読む