米国立衛生研究所(NIH)のSusan M. Resnick氏らは、加齢に伴う記憶障害(AAMI)を有する高齢男性に対するテストステロン補充療法が、言語記憶やその他の認知機能を向上させるかどうかについて検討するランダム化対照試験を行ったが、補充療法群とプラセボ群に差は見られなかった。結果は、JAMA誌電子版に2017年2月21日に掲載された。

テストステロン補充は認知機能を改善せずの画像

ログインして全文を読む