耳鳴は、作業記憶や処理速度を低下させ、反応時間を延長し、選択的注意を難しくする。米Washington大学St Louis校のDorina Kallogjeri氏らはオープンラベルのランダム化1対照試験を行い、オンラインでの認知トレーニングを受けると、耳鳴患者の自覚症状を軽減できると報告した。詳細は、JAMA Otolaryngology-Head and Neck Surgery誌電子版に2017年1月19日に掲載された。

認知プログラムが耳鳴患者の自覚症状を軽減の画像

ログインして全文を読む