非小細胞肺癌(NSCLC)切除術を受けた患者に対する補助化学療法は、いつまでに開始すればよいのか。米Yale大学医学部のMichelle C. Salazar氏らは、データベースに登録された米国の患者について分析し、術後4カ月以内に開始すれば、補助化学療法による生存利益が得られると報告した。詳細はJAMA Oncology誌電子版に2017年1月5日に掲載された。

NSCLCの術後補助化学療法は遅れても効果ありの画像

ログインして全文を読む