多発性骨髄腫の患者と固形癌が骨に転移している患者に対するゾレドロン酸の静注は、4週ごとに投与されることが多い。米Helen F. Graham Cancer Center and Research InstituteのAndrew L. Himelstein氏らは、投与間隔を12週まで伸ばす非劣性比較試験を行い、12週間隔でも効果は劣らないと報告した。詳細は、JAMA誌2017年1月3日号に掲載された。

骨転移へのゾレドロン酸静注は12週間隔でよいの画像

ログインして全文を読む