小児の発熱は、ほとんどが自然に軽快するウイルス感染症に起因するが、一部に生命を脅かしうる細菌感染症の患者も含まれる。迅速にこれらを識別する方法の開発をめざした英国Imperial College LondonのJethro A. Herberg氏らは、マイクロアレイを用いて患者全血中に含まれる2つの遺伝子の転写物の量を指標に、高精度の識別が可能になりそうだと報告した。予備的な研究の結果はJAMA誌2016年8月23/30日号に掲載された。

小児の発熱でウイルスと細菌を高度に識別の画像

ログインして全文を読む