糖尿病性網膜症(DR)および糖尿病黄斑浮腫(DME)と、不安やうつとの関係を調べた豪州Melbourne大学のGwyneth Rees氏らは、DRの重症度とうつ病リスクに独立した関連があることを報告した。しかしDMEの有無とうつ病や不安症のリスクには関連が見いだせなかった。詳細は、JAMA Ophthalmol.誌電子版に2016年7月7日に掲載された。

糖尿病網膜症の重症度がうつ病リスクの指標にの画像

ログインして全文を読む