子宮内でジカウイルスに感染したと見なされる小頭症児40人に検眼鏡検査などを行ったブラジルAltino Ventura FoundationのCamila V. Ventura氏らは、網膜や視神経の異常が高頻度に見られること、眼底異常児の母親は妊娠初期にジカウイルス感染を示唆する症状を経験していたことを報告した。詳細は、JAMA Ophthalmology誌電子版に2016年5月26日に掲載された。

ログインして全文を読む