経皮的カテーテルインターベンション(PCI)によるステント留置後の、チエノピリジン系薬とアスピリンを用いた抗血小板薬併用療法の継続期間については議論がある。米国Beth Israel Deaconess医療センターのRobert W. Yeh氏らは、継続した場合に、虚血リスク低下による利益が、出血リスク上昇による害に優る患者を選出するための予測モデルを作製し、その精度を検証した。詳細は、JAMA誌電子版に2016年3月29日に報告された。

PCI後の抗血小板療法を継続すべき患者を予測の画像

ログインして全文を読む