非ST上昇急性冠症候群(NSTE ACS)後の心臓突然死(SCD)のリスクについて検討した米国Veterans Affairs Eastern Colorado and Health Care SystemのACSPaul L. Hess氏らは、SCDリスクに関係するベースラインの要因を同定し、それらを組み合わせて、NSTE ACSから2年間のSCDリスクを予測するアルゴリズムを作成した。詳細はJAMA Cardiology誌電子版に2016年3月16日に報告された。

NSTEMI後の心臓突然死リスク予測モデルの試みの画像

ログインして全文を読む