スマートフォンやタブレット端末などの携帯電話端末を医療に活用する「モバイルヘルス」への注目度が高まっている。しかし、そうした製品の中には、検査機器として承認されていないものも含まれる。米Johns Hopkins大学のTimothy B. Plante氏らは、瞬時に血圧を推定できるとするAuraLife社のアプリ「Instant Blood Pressure(IBP)」の精度を、標準的な血圧計と比較し、高血圧患者に自分は正常だと勘違いさせるリスクがあることを明らかにした。詳細は、JAMA Internal Medicine誌2016年3月2日号に掲載された。

ログインして全文を読む