周術期にアトルバスタチンを投与しても、心臓手術後に急性腎障害(AKI)を合併するリスクを減少させることはできないという研究が報告された。これは、米国Vanderbilt大学のFrederic T. Billings氏らが行ったプラセボ対照の二重盲検の無作為化試験によるもので、結果はJAMA誌電子版に2016年2月23日に掲載された。

スタチンは心臓手術後の急性腎障害を減らさないの画像

ログインして全文を読む