米国人の平均寿命は他の多くの先進国よりも短い。米National Center for Health StatisticsのAndrew Fenelon氏らは、寿命の差のかなりの部分が病気以外の不慮の死によって説明できるのではないかと考え、米国と12の先進国の死亡率や死因を比較した。得られた結果は、交通事故による外傷、銃器関連の外傷、薬物中毒による死亡が、特に男性において、米国と他の国の寿命の差の多くを説明できることを示した。詳細は、JAMA誌2016年2月9日号に報告された。

米国が他の先進国より平均余命が短い理由の画像

ログインして全文を読む