インドアタンニングを頻繁に利用する30歳未満の女性は、非利用者に比べメラノーマのリスクは約6倍になるという研究が報告された。これは米ミネソタ大学のDeAnn Lazovich氏らが、メラノーマの患者とミネソタ州の住民ベースのコントロール群を比較した研究で、結果はJAMA Dermatology誌電子版に2016年1月27日に報告された。

日焼けサロンで若年女性の黒色腫リスクが6倍にの画像

ログインして全文を読む