米Wisconsin大学医学部のTimothy B. Baker氏らは、ニコチンパッチ、バレニクリン、ニコチン代替療法の併用(C-NRT)、の有効性を直接比較する無作為化試験を行い、それらの治療を受けた喫煙者の禁煙達成率に差がなかったことを報告した。詳細は、JAMA誌2016年1月26日号に掲載された。

禁煙補助療法の種類で成功率に差はないの画像

ログインして全文を読む