プロトンポンプ阻害薬(PPI)の使用が、その後の慢性腎疾患(CKD)発症リスクを有意に上昇させるという研究が報告された。これは米Johns Hopkins大学のBenjamin Lazarus氏らが、大規模多施設前向きコホート研究のデータを解析したもの。詳細はJAMA Internal Medicine誌電子版に2016年1月11日に掲載された。

PPIの使用でCKDのリスクが上昇するの画像

ログインして全文を読む