研修医のうつ病や抑うつ症状の有病率は約28.8%に上るとする研究が報告された。これは米ハーバード大学医学部のDouglas A. Mata氏らが系統的レビューとメタアナリシスを実施したもので、結果はJAMA誌2015年12月8日号に掲載された。研修医のうつ病リスクはこれまでにも数多く報告されているが、有病率は3%から60%まで研究ごとに大きく異なっていた。

ログインして全文を読む