予定帝王切開により出生した小児は、経腟分娩で生まれた小児に比べ、わずかだが喘息や総死亡のリスクを上昇させる可能性がある。これは英Aberdeen大学のMairead Black氏らが、スコットランドの大規模コホート研究で導き出したもの。結果は、JAMA誌15年12月1日号に報告された。

ログインして全文を読む