米国の大規模調査データの解析から、アトピー性疾患(湿疹、喘息、花粉症、食物アレルギー)が小児の貧血リスクを上昇させることが示唆された。これは米Northwestern 大学のKerry E. Drury氏らが、米疾病対策センター(CDC)の国民健康調査(NHIS)と米国国民健康栄養調査(NHANES)に登録されていた小児のデータを使って、アトピー性疾患と貧血のリスクを調べたもので、JAMA Pediatrics誌電子版に2015年11月30日に報告された。

ログインして全文を読む