難治性の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に対する上下顎骨前方移動術(MMA)の手術成績は、術前の無呼吸低呼吸指数(AHI)が予後予測因子になり得るという研究が報告された。これは米California大学Los Angeles校のSoroush Zaghi氏らが、MMAに対する系統的レビューとメタアナリシスを行ったもので、JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌電子版で公開されている

ログインして全文を読む