プロカルシトニン(PCT)は、重症細菌感染症を診断する際に他のバイオマーカーよりも優れていることが知られているが、乳児でも同様の特性を示すことが報告された。これは仏Antoine Beclere病院のKaren Milcent氏らが、発熱で救急部を受診した生後3カ月までの乳児を対象に行った前向きコホート研究で、詳細は、JAMA Pediatrics誌電子版に2015年11月23日に報告された。

ログインして全文を読む