米国の4病院で行われたシミュレーション研究で、感染防御用のガウンや手袋を脱ぐ際に、首筋や手のひらなどの汚染が46%に生じることが分かった。ガウンと手袋の着脱法を訓練すると、汚染率を大幅に下げられたという。

ログインして全文を読む