フルオロキノロン(ニューキノロン)系抗菌薬の服用者では、大動脈瘤と大動脈解離のリスクが約2倍になることが、台湾で実施されたネステッド(コホート内)症例対象研究で明らかになった。

ログインして全文を読む