インフルエンザ肺炎例とそれ以外の病原微生物による肺炎例のインフルエンザワクチン接種率を比較する症例対照研究で、ワクチン接種によりインフルエンザ肺炎による入院が56.7%抑制できるとの推計が得られた。

ログインして全文を読む