心房細動は認知症の危険因子であることが報告されているが、オランダの高齢者コホート「ロッテルダム研究」を約20年追跡した研究で、心房細動の罹患期間と認知症の発症率との間に正の相関があることが分かった。

ログインして全文を読む