中国の小学校で行われたランダム化比較試験で、小学1年生のときに学校での外遊び時間を40分増やした子どもでは、その後3年間の近視罹患率が3割近く下がることが分かった。

ログインして全文を読む