スペインで行われた食事療法に関するランダム化比較試験「PREDIMED」で、試験に参加した60〜80歳の女性について解析したところ、オリーブオイルたっぷりの地中海食を食べる群に割り付けられた女性では、通常の食事をしていた女性よりも乳癌の発症率が5年で7割低くなることが分かった。

ログインして全文を読む