貧困は子どもの学業能力に様々な悪影響を及ぼすが、その一部は脳の灰白質の体積が小さいことに起因するとする研究結果が、米Michigan大学のNicole L. Hair氏らによりJAMA Pediatrics誌電子版へ2015年7月20日に報告された。

ログインして全文を読む