帝京大学救急医学講座の中原慎二氏らは、消防庁が2005年から収集を開始した、心肺停止による救急搬送例のデータベース「ウツタイン統計データ」を解析。院外心停止の発生現場に居合わせた人による胸部圧迫や除細動の実施増が、転帰良好例の増加に関係していることを明らかにした。

ログインして全文を読む