米Harvard大学医学部のRichard G. Bachur氏らは、2010年〜2013年の4年間に米国内35施設の小児科救急を受診し、虫垂炎と診断された小児患者のデータを分析。診断にCTが用いられる頻度が低下する一方で、エコー検査が適用された患者は増加し、臨床的な転機の悪化はないことを見いだした。

ログインして全文を読む