肺活量測定は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断に広く用いられている。肺活量測定で気流通過障害がないと判定された場合、喫煙者や過去に喫煙歴がある人(禁煙者)でもCOPDとは診断されないが、そういう人でも肺機能の異常率は喫煙経験のない人より高いことが分かった。

ログインして全文を読む