心臓手術後の合併症として頻度が高い急性腎障害のリスクを、血圧計のカフで上腕を強く加圧して虚血状態にする処置(遠隔虚血プレコンディショニング)で低減できることが、ドイツで行われた多施設共同ランダム化二重盲検試験で明らかになった。

ログインして全文を読む