胸部術後の非侵襲的な呼吸管理法として広く行われている二相性陽圧(BiPAP)モードでの間欠的な酸素投与と、高流量の酸素を鼻腔から投与する「ネーザルハイフロー」とで、再挿管などの実施率(治療失敗率)に有意差はなく、治療効果は劣らないことが明らかになった。

ログインして全文を読む