米Edward Hines Jr VA HospitalのDale N. Gerding氏らは、毒素非産生性のCD(NTCD)の芽胞をCD感染症治癒後の患者に経口投与するフェーズ2試験を実施。患者の消化管にNTCDが定着し、CD感染症の再発が予防されることを示す結果を得た。

ログインして全文を読む