1型糖尿病の発症リスクが高い2歳から7歳の小児に、毎日インスリンを大量に経口摂取させると、インスリンに対するB細胞とT細胞の反応を誘導できることが分かった。ドイツなど4カ国で実施された予備的な多施設共同ランダム化試験による。

ログインして全文を読む