黒人やアジア人を多く含む米国と中国のコホートを追跡した研究で、ナッツ類の摂取量が多い人では、総死亡や心血管死亡のリスクが低いことが分かった。ナッツ類に心血管疾患の抑制効果があることが、黒人やアジア人を含む多民族コホートで確認されたのは初めて。

ログインして全文を読む