パーキンソン病の進行抑制を目的としたクレアチン補充療法は無効である──。約1700人の早期パーキンソン病患者を対象に、米国立衛生研究所(NIH)の主導で行われてきたプラセボ対照ランダム化比較試験「LS-1」が、中間解析で「試験継続の意義がない(無益である)」ことが示され、予定より早期に終了した。

ログインして全文を読む