米国では、定期的に献血をしている人の25〜35%に、鉄欠乏性貧血があると見積もられている。米食品医薬品局(FDA)により既定の献血間隔の延長も検討されているが、米Institute for Transfusion MedicineのJoseph E. Kiss氏らは、献血後28週間にわたって低用量の鉄剤を投与するランダム化比較試験を行い、鉄剤を投与しなかった人よりヘモグロビン値の回復が早いことを確認した。

ログインして全文を読む