広島と長崎で原子爆弾により被爆した時点の年齢が10歳未満だった人を対象とした甲状腺検査で、悪性腫瘍や良性結節などを含む全ての甲状腺結節の有病率は、被爆時に浴びた放射線線量が多いほど高いことが明らかになった。

ログインして全文を読む