ネグレクト(養育放棄)が深刻な養護施設にいた2歳前後の子どもが、暖かい里親家庭に引き取られると、6年後には大脳白質の微細構造の統合性が普通の家庭に育った子どもと差の無いレベルになる──。そんな希望に満ちたデータが、ルーマニアで実施されたランダム化比較試験からもたらされた。

ログインして全文を読む