世界的に処方が増加している弱オピオイド鎮痛薬トラマドールは、コデインに比べて低血糖による入院リスクを有意に高めることがネステッドケースコントロール研究などの結果として示された。カナダJewish General HospitalのJean-Pascal Fournier氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年12月8日に報告した。

ログインして全文を読む