実臨床において心房細動と診断され、ダビガトランまたはワルファリンを処方された患者を追跡し、様々な出血リスクを比較した結果、頭蓋内出血リスクはワルファリンの方が高いが、あらゆる出血と大出血のリスクはダビガトランの方が有意に高いことが示された。米Pittsburgh大学のInmaculada Hernandez氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年11月3日に報告した。

ログインして全文を読む