重症の増悪により入院した慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に対する、入院当初の非侵襲的換気(NIV)では、侵襲的な機械的換気(IMV)に比べて院内死亡や院内肺炎のリスクが有意に低いことが、大規模後ろ向き研究により示された。米Baystate Medical CenterのPeter K. Lindenauer氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年10月27日に報告した。

ログインして全文を読む