あらゆる予防接種と多発性硬化症(MS)などの後天性の中枢神経系脱髄症候群(CNS ADS)リスクには有意な関係がないことが、米カリフォルニア州住民の医療記録を利用したネステッドケースコントロール研究の結果として示された。米Kaiser Permanente Southern CaliforniaのAnnette Langer-Gould氏らが、JAMA Neurology誌電子版に2014年10月20日に報告した。

ログインして全文を読む