ドパミン受容体作動薬の重篤な有害事象の1つに衝動制御障害があることが、米食品医薬品局(FDA)の有害事象報告システムの登録データを利用した解析の結果として示された。米Institute for Safe Medication PracticesのThomas J. Moore氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年10月20日に報告した。

ログインして全文を読む