喫煙は、様々な臓器に害を及ぼし、本来は予防できる疾患を生じさせている。米国で喫煙に関連する疾患に罹患した患者がどの程度いるかを調べた分析の結果、2009年時点で35歳以上の米国民690万人が延べ1400万件の喫煙関連疾患に罹患していたと推計された。米食品医薬品局(FDA)のBrian L. Rostron氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年10月13日に報告した。

ログインして全文を読む